かつて石垣島で暮らしたいと思っていた私の日常のつれづれ
<< 備忘録として | main | 沖縄と福井と岩手 >>
この涙の輝きの美しさよ
ソチオリンピック真っ最中。
運動は苦手だけど見るのは好きで今回も時間があれば色々な競技を見ています。

ハーフパイプは爽快だしカーリングは少しルールが分かってきて楽しいし、アイスホッケーの格闘技っぷりも最高!あの迫力を、いつか生で見てみたいなあ。
スキージャンプ団体はもちろん、ノルディック複合個人の銀メダルに男泣きの解説にも泣かされました。

そして…子どもの頃から好きなフィギュアスケート。個人的にひいきの選手がいるわけでなく競技が好き。

男子ショートプログラムは早く寝て、明け方起きて羽生選手の史上最高得点の演技をLIVEで見ました。

女子ショートプログラムは翌日、仕事で朝早かったので諦めたけど今回の浅田選手のフリーは見届けたかったので起きてました。

演技開始前には掛ける言葉も浮かばず、祈るように見ていたけど最初のトリプルアクセル成功から次々とジャンプを決めていく!
ステップに入ってきたあたりからは涙が出てきました。

そして、あのラスト!あの得点!

今だに映像見ると涙腺が緩んでしまう。今まで特別、浅田真央ファンではなかったのに…単なる感動以外の何かあるんだけど解明できません。
この零れ落ちる瞬間をとらえた夕刊の写真に改めてグッときて、また写真好きとしてもすごい一枚!とスポーツカメラマンの腕にも感服。
忘れ難いオリンピックになりそうです。

<朝日新聞 2月21日夕刊より>




| ryodancrm | 日常 | 22:25 | comments(0) | - | pookmark |









CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
本棚
MOBILE
qrcode
PROFILE
このページの先頭へ