かつて石垣島で暮らしたいと思っていた私の日常のつれづれ
ピアノと私
夕方、ピアノを弾きました。とても久々に。
(弾いていないこともだが、長年調律もしてないこともピアノに謝りたい)
北側の部屋に置いてあるし夕方だし鍵盤も手も冷たくて引きづらい。
いや、指の動かなさを冷たさのせいにしてはいかん。

・・・と思い出したことが。

あれは小学校高学年か中学生だったか。
真冬の夕方、もう日も暮れた頃が私のピアノのレッスン時間だったのだが
その週は全然練習をしていなくて、このまま行ったら弾けないし
怒られることは必至。
どうしよう…どうしよう…と思いながら教室(先生の自宅)に
着いてしまった。
まだ前の人がレッスンをしている音が聞こえている。

門を開け、後ろ手で閉めながら、お庭にあった竹からチョロチョロと
細い水が出ているヤツが目に留まる。私は咄嗟にそこに両手を出した。
手が冷たくてうまく弾けないと言おう。
我ながら何てひどい!ズルイ!(と当時も思った)

散々冷やし、これで万端と悪魔の顔をしつつ自分のレッスン時間に教室に入る。
すると先生が振り返り、笑顔で

「ごめんなさいね、今日は前の人がもう少し時間かかるからストーブで
手を温めて待っててね」

「・・・・・はい。」

前の人のレッスンはやけに長かった。
冷やした手を温めるには、充分すぎるほど充分な時間だった。

全然弾けなくてレッスンをしてこなかったことはすぐにばれた。
ズルは出来ない。ということを痛烈に感じたあの日。
暗い帰り道、よその家の灯りがやけに明るく暖かく見えたことを
よく覚えています。
鍵盤
| ryodancrm | and Me | 22:11 | comments(2) | - | pookmark |
ポメラニアンと私
小学校時代のクラスメート、Kちゃん。
運動も勉強も出来る彼女はクラスのリーダーでありアイドル。
いつも周りに数人の女の子がいてにぎやかだったがイジワルなところはない
明るい女の子だった。

ある日。なぜだかお呼ばれして放課後に学校からそう遠くない彼女の家に
お邪魔したことがあった。それは初めて見るすごい家でもうビックリ!
多分本当に私は口を「あんぐり」開けていたと思う。

お風呂がガラス張りで庭が見える!
バーカウンター!
家中、階段までもふかふかのカーペット敷き!

その他、ものすごく大きな型のテレビやら華やかなお母さんなどなど…
すべてが我が家とは別世界で少女漫画かアニメのよう。
とどめをさされたのがペットのポメラニアン犬!
つぶらな瞳でふわふわの毛を揺らしKちゃんの胸に飛び込んでくる瞬間は
今も覚えている。
自分は動物が大好きなのにペット禁止の団地に住んでいて、それだけで
うらやましかったのに雑種とかじゃなくてポメラニアンってのがまた刺激的だった。
それ以降何故か時々Kちゃんは私を呼んでくれたのだが、その度に各部屋にテレビが
ある、とかお父さんがいつも家にいて一緒に遊んでくれる、など行く度に新たな驚きが
あり、その日は家に戻ってタメイキをついていたのであった。

Kちゃんは当時だいたいの家で禁じられていたアイドル雑誌を定期購読していて
大人気のアイドルのシールやポスターなどをたくさん持っていた。
その頃の定番で小学校卒業前に「サイン帳」と呼ばれるカードをやりとりするのだが
それの自由欄にアイドルシールを惜しげもなく貼っていて、もらったみんなは
歓声をあげてよろこんで見せ合っていた。

けれど私に戻ってきたサイン帳にシールはなくスペースいっぱいにメッセージが
書いてあるだけ…。アイドルが全然好きじゃなかったくせにガッカリした。
「何で私のだけ?後回しにされたからシールがなくなったのかもしれない」などと
思っていた。
その後、お互い違う学区域の中学に進学。
一度地元のスーパーでばったり会ったきり彼女の姿は見なくなり
後に引越したと人から聞いた。

その後、年齢を重ねる中で当時わからなかったことも見えるようになった。
彼女のお父さんはカタギの人ではなく大変なことも多い暮らしだったこと。
シールではなく私を励ます言葉の数々でサイン帳を埋めてくれた気持ち。
そしてアイドルに騒いでいるフリをしていた私に気付いていた彼女の小6
らしからぬ細やかさも。

あの家は、彼女は、今どうしているだろう。
ポメラニアンを見かけるたびに思い出すのだった。
| ryodancrm | and Me | 23:31 | comments(2) | - | pookmark |
マグカップと私
以前、古いマグカップを集めている(いた)と書きました
もう充分持っているのに素敵なのを見ると欲しくなります。
置く場所がもうないので、たいていの場合は諦めるけれど
どーしても眼が行ってしまう。I LOVE マグカップ。

で。
買い損ねていたミスドの35周年記念の復刻マグカップを一昨年、
立ち寄ったバザーで見つけて大喜びで100円で購入。
愛用していたのだが今年始めに飲み口のところを欠いてしまった。
だましだまし使っていたけどよくないよなあ、とオークションで
探さねばと思っていたら。
何と同じバザーで同じものを買えた!(しかも10円で)
これは運命だ、縁があるんだわ。と本当に嬉しくなってしまった。

<でも帰宅して比べてみたら微妙に大きさが違った>
ミスドマグ
<裏のプリントも少〜し色が違う>
ミスドマグうしろ

作られた時期が違うのかも。
でもコレクターやマニアではないので、いいんです。
欠けた方は植木鉢にしようかなと思っています。
| ryodancrm | and Me | 15:03 | comments(2) | - | pookmark |
アントニオ猪木と私
私はプロレスに対して深い興味がありません。
男性諸氏のプロレスへの熱い思い、レスラー達そのものも
多少冷ややかに見ていました。
特に義兄がアントニオ猪木氏の話ばかりするので、内心
それこそどんだけ?!と思ったことも何度か(苦笑)

でも先日、ある新聞に短期集中連載された猪木氏のインタビューを
義兄にあげようと切り抜きつつ読んでいたら非常に魅きつけられたのです。
以下、一部抜粋。

許せないとか恨みを残してると先へ進むエネルギーが
 そがれるだけだから


プラス思考で脳にアンテナ立てていると運は呼び込める

一寸先は闇じゃなくてハプニング。良いか悪いかじゃない。
 全部いいんですよ


なんだかいちいち「そうかもしれない」と素直に思いました。
そして、こんな風に考えられる人だからこそ、ずっと人々に愛されて
いるんだろうなーと。

そうはいっても色々しつこく恨んでしまうワタクシ(苦笑)
急に全部は無理だけど少しずつ、その思いを消していってみようと
思います。先に進みたいから。


| ryodancrm | and Me | 22:16 | comments(0) | - | pookmark |
Tシャツと私
この夏のお気に入りTシャツはコレ!

<日本では沖縄にしかないファーストフード店A&Wのロゴ入り>
A&WT

ウキウキで二枚も買ったけどかなりピッタリサイズだったので
上に何か羽織らないとよろしくない感じ(汗)
試験終わったら身体引き締めなくては。。。
| ryodancrm | and Me | 16:52 | comments(2) | - | pookmark |
フリーペーパーと私
活字が好き。新聞と雑誌が好き。
でも雑誌は調子に乗ってるとキリがないし場所も食うので特集記事で
どうしても読みたいのが3つ以上あれば買うことにしている。

しかし家の中で散らかる上にあとで廃品回収に出す手間があるとわかって
いても止められないのがフリーペーパー。もらわずにはいられない。

<形態は新聞より雑誌の方が好き>
フリペ
夫もおみやげによく持ってきてくれる。ありがたや〜。(安上がりな妻)

こちらは先日初めて読んだもの。
<『R25』の女性向け『L25』と新卒向け『R22』>
フリペ2
気付かないで取ってきて違いに家で気付きました。
でも残念ながらあんまり面白くなかった。

毎号読むものの中では日経マガジン(これは日経新聞の別刷なので
フリーペーパーではないのだが)はいつも非常に興味深い記事が載っていて
毎回唸ってしまう。写真も美しい。
最近読んで面白かったのは「黄金比&白銀比の世界」という特集。
自然界、建築物、工業製品、キャラクター・・・多くにこの法則が
隠されている、という記事でした。この方面に明るくないので初めて知り
すっかり感心。『ダヴィンチ・コード』で話題になってるらしいですね。
人生まだまだ知らないことばかりでございます。


| ryodancrm | and Me | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
特撮ヒーローと私
ボウケンジャーにハマって以来、すっかり戦隊モノに詳しくなりました。
先日も新聞の別刷に載っていた海辺の漂流ゴミが問題になっている記事の
写真に写っていたヒーロー人形を目ざとくチェック!
漂流ヒーロー

これはいつの何レンジャーか知りたくて夫と息子と一緒にカタログを
見たりDVDで確認(笑)昨年度、スーパー戦隊は30作品目の記念の年を
迎えたので歴代の作品が分かる資料が充実しているのです。
30ヒーロー
(結局、この画像の人形は『ダイレンジャー』と判明)

息子が国産車大好きだった時は知らずに夫婦で車に詳しくなっていたし。
次は何にハマるんでしょうか。
アイドルグループとか覚えたくないなあ。

ちなみに新番組『ゲキレンジャー』はハマれなさそう・・・。
『仮面ライダー電王』にはすでに家族揃って思いっきり夢中(笑)
| ryodancrm | and Me | 22:59 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
新聞小説と私
産まれた時からインドア派(明らかに過言)の私は絵本から始まり
とにかく活字が好き。中学生くらいから見始めた新聞は産後しばらく
以外欠かさず読んでいるのだが4コマ漫画は読んでも連載小説は
気にしたことがなかった。

しかし今、朝日新聞夕刊の連載小説『悪人』作:吉田修一が気に
なって仕方ない。大学生によるOL殺人事件という題材には興味を
魅かれなかったが挿絵担当が束芋(たばいも)というとても気持ち
悪い絵を描くアーティスト
(参照→http://www.fujitv.co.jp/events/art-net/go/333.html)
だったのでついつい読み始めてしまったのが経緯。

意外だったのだが読むにつれ新しい視点を見つけられた。
他人の心の孤独を分かったつもりでいたけれど本当に他人事としか
捉えてなかったなあとまで思えた。
今、小説は最終章です。毎日ハラハラで楽しみなんだけど夕刊は休みに
なることが多くて、も〜じれったい!
失礼ながらこうやって細切れで読むから面白いのかもしれない、
とも思っているけれど。

ちなみに初めて注目して読んだ新聞連載小説は日経の『愛の流刑地』。
あきらかにネタとしてチェックし主人公のセリフや展開にアホだ〜と
笑っていました。なので本になって売れて映画になって、という今の
展開にびっくりしています。ナンなんだ渡辺淳一ワールドの強さは。
『失楽園』も『マディソン郡の橋』も私には全く理解できない世界
だった・・・まあ、理解できる日が来ない方がいいかな。

| ryodancrm | and Me | 12:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ギフトと包装紙と私
唐突かつ今さら、皆さんに私の趣味を伝えたくなったので記します。
それは贈り物です。趣味なのです。好きなんです。

お店で品物を選んでいる時。
レジで「ご自宅用ですか?」と聞かれ「いえ、ギフトで」とか
プレゼント用でお願いします」などと言う時。私はじわじわと喜びを噛み締めているのです。包装するようなものだけでなく文房具屋さんのシールとか小物などは「あ、これ○○さんが好きなキャラクター!」なんてついつい買ってしまう。そんな時もかなりウキウキワクワクしています。文房具は自分用にもよく買ってしまう。

自己満足だけで終わらないように意識しているものの3パターンの失敗があります。1つはお気に召されなかった場合、2つ目は相手が恐縮してしまう(または倍のお返しをもらってしまう)場合、そして3つ目は物品や宗教の勧誘などを警戒されてしまう場合。
どちらもツライひとときです。

ついでに子供の頃から包装紙の匂いが大好きな私。きっかけは子供の頃、クリスマスに目が覚めたらプレゼントが鼻先にあって猛烈に嬉しかった経験からじゃないかと勝手にこじつけている。
しかし包装紙の匂いはたいてい「・・・えー?」と嫌がられ賛同を得られたことはないのだが。いただき物などがあると必ず嗅いでウットリしているのだった。

今は買いに行く余裕があまりなく贈り物は自粛気味でいこうと思ってはいるのですが・・・今まですでに色々渡されてしまっている皆さん、新しくお付き合いが始まった皆さん、そういうわけなので今後とも私の趣味にお付き合い、よろしくお願い致します!
| ryodancrm | and Me | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
競馬と私
今日の桜花賞で思い出したこと。

以前勤めていた職場は競馬好きな人が多く週末毎に何人か分の馬券を誰かがまとめて買いに行ったりしていた。
私は全く興味がなかったけれど12月に辞めることが公表された後で「退職記念に1回くらいどう?」と勧められてG1レースを1枚買った。スポーツ新聞の競馬欄を見せてもらって一応オッズの高いのを選んだのだが、何と勝ってしまった。
秋から年末にかけての大きいレースが続く時期だったので、それ以降もG1だけは全て買い(掛け金も徐々に増え)結局5連勝!会社では様々な羨望と疑念の言葉を掛けられたのだった。
新宿の場外馬券場に行き、まとめて払い戻したら機械から結構な枚数の一万円札が飛び出してきて「ひぇ〜〜っ!」とかなり盛り上がった。でもスグにこれはいかんなー、と実感。
それ以降、一度も馬券は買っていません。G1を予想するだけしてみても当たらないし。ビギナーズラックだったんでしょうかね。

先日、八重山商工のために買ったスポーツ新聞で久々に競馬欄を見たら
オレハマッテルゼワンマンシャチョウコレデイイノダという名前にはとても魅かれました(笑)


| ryodancrm | and Me | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
本棚
MOBILE
qrcode
PROFILE
このページの先頭へ